1.毛をためよう!! どんな毛を集めたらいい?

ワンコの毛で何かを作ると言っても、まずは毛を
ためないといけません。
これが結構大変な場合もある。
換毛期にごっそりと毛が抜ける子ならいいけれど、
あまり毛の抜けない犬種もいるんですよね。

私の相棒はシーズ。
毛の質としては、永遠と毛が伸びつつけます。
ところが、そんなロン毛のシーズでも、実はそんなに
毛がたまらなかったり。。。


はじめて毛をためたとき、70gになるまでに4年も
かかりました。
毎日、毎日ブラッシングをして、やっとたまったのが
70g。
でも、『これでやっと毛糸がひとたま出来る』って
思ったときは、ものすご〜く嬉しかったな・・・

毛を長い時間ためて行くのも、実はひとつの楽しみ
だったりするんですよね。
たまったときの喜びは、なんとも言えません。
みなさんもがんばってためてみてくださいね。


■まずは、ブラッシングしたときに、クシやスリッカーに付く毛をためてください。
基本的には、アンダーコートと言うのが、一番毛糸にしやすいです。



■毛を集めるときに、ゴミや汚れの部分、また糞尿が付いている毛は必ず取り除いてくださいね。

■カットの毛も、出来る場合もございますので、
 カット前に、ご相談ください。
■カットの毛の場合最低3cm以上の長さは必要です

[作成出来ない・使用出来ない毛]
× 汚れの激しい毛(埃などの絡み付きが激しい毛)
× ノミやダニがいる子の毛 ※下記参照
× 伝染性皮膚病の子の毛 ※下記参照
× その他、毛を見てみて、出来そうもないと
  判断したとき。


△ 亡くなった子から刈った毛
  (亡骸にハサミを入れて姿を変えてしまうのは
  かわいそうなので、元気なときに毛をためて
  あげましょう)
△ わんこがいやがるのに無理に毛を抜いたり
  むしり取ったりしないでね。


△ 目のまわりの毛(涙が付着する場所の毛)
△ 足先の毛(散歩のときに汚れる場所)
△ 肛門周辺
  (上記の場所は、日頃から汚れやすい毛なので、
  毛そのものが荒れています。)

△ 部屋や犬小屋に落ちてる毛
  (小さな埃などが、付着しているため)

出来るだけ、みなさんのご期待に添えるように
がんばりますが、残念ながら毛の質や状態によって
は作成をお断りせざるを得ない場合もございます。
どうかご了承ください。

my little dog では、扱うものが、人間と身近に生活する犬の毛であるため、
衛生面・健康面では特に注意したいと考えております。
ですので、下記に当てはまる(または疑いのある)わんちゃんの毛の場合、
誠に申し訳ありませんが作成をお断りさせていただいております。

[感染性皮膚炎]
毛包虫症(アカルス)
ニキビダニ
疥癬
白癬
ノミ
ダニ
センコウヒゼンダニ
ツメダニ
その他感染性の皮膚炎
[感染症の病気]
バルポウィルス
ジステンバー
伝染性肝炎
アデノウィルス2型
バラインフルエンザ(ケンネルコフ)
レプトスピラ症
コロナウィルス
ブルセラ症
破傷風
狂犬病
[寄生虫]
回虫症
こう虫
鞭虫症
コクシジウム症
ジアルジア症
条虫症
バベジア症
フィラリア